• 自身のお肌のシミのタイプを把握してからユークロマクリームをお買い求めください
  • 一部の口コミ情報では絶賛されているユークロマクリームについての情報を中心に収集していくサイトです。
  • ユークロマ クリーム

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    自分のシミタイプを知ろう!シミにあわせたユークロマ クリームの選び方

    美白というと夏のイメージがある方も多いかと思いますが、今では多くの女性が1年を通して美白を意識するようになりました。日焼け止めなどを使用するという方法もありますが「スキンケア」という視点に立ったとき、美白クリームなどをスキンケアルーティーンに取り入れるという方もまた多いのではないでしょうか。

    これから取り入れたいという場合、やはり「効果的に作用できるものを」と考えられることでしょう。

    自分のシミタイプを知ろう!シミにあわせたユークロマ クリームの選び方

    効果的な作用へと導くためには

    たとえば「シミ」のタイプです。シミには実はたくさん種類があるのはご存知でしょうか。良く見ると、肌に小さなシミがあるという場合にはそれがどのタイプに入るのかを把握することが対策への第一歩となってくれるのです。

    参照資料★ユークロマクリームの陰部への使用について http://www.ntp-k.org/medicine/skin/eukroma.html

    炎症性色素沈着タイプ
    これは「肌荒れ記憶ジミ」とも呼ばれているもので、過去の皮膚炎症や傷が色素沈着をしてシミとなって残ってしまうものです。具体的にいうと、にきび跡や傷跡などが原因となっているものになります。また、虫刺されや脱毛によって肌が炎症をおこしてしまったことでも引き起こされてしまう場合もあるでしょう。

    こうしたシミの場合には「ビタミンC誘導体」が含まれている美白クリームがおすすめです。

    老人性色素班タイプ

    「日焼け記憶ジミ」とも呼ばれているもので、もっとも悩んでいる方が多いシミタイプになります。紫外線を多く浴びることが多かった・日焼け対策を怠っていたという方に現れやすいもので、判別の仕方としては骨格の高いところに出来やすいのが特徴です。

    また、最初は気にならないほど薄いものであっても徐々に濃くなってしまうという場合も多いでしょう。おすすめの美白クリームは、一般的な美白成分がバランスよく配合されているものがよいでしょう。また、同時に紫外線をブロックする意識も持っていただくことが改善への近道といえるでしょう。

    脂漏性角化症タイプ

    脂漏性角化症タイプ

    「出っ張りジミ」といわれるので、皮膚の表面がイボのようにふくらみを持って黒色に近い見た目になるのが特徴です。良性腫瘍の1つであり、紫外線に当たったり放置状態にしてしまうことで大きくなってしまうケースもあるでしょう。美白クリームですが、まずはレーザーなどでいぼを取り除いた後にアプローチをしていただくのが有効的でしょう。

    ソバカスタイプ

    主に目の下に出来る細かな色素班のことを言います。遺伝によるものとそうでないものがありますが、一般的にそばかすは「遺伝的」なものの呼び方とされています。思春期などに紫外線をアブ過ぎてしまうと広範囲に広がったり濃くなってしまうということもあるでしょう。

    美白クリームについてですが、メラニンの生成を抑制するタイプのものをおすすめしたいと思います。

    肝班タイプ

    主に目の下に「左右対称」に近い形で現れるシミです。女性の方ですと、妊娠中に現れたり閉経とともに治ったりという傾向があることから、女性ホルモンが大きく関係しているのではないかとも考えられています。詳細な原因はまだわからないのが現状ですが、美白クリームを取り入れる際にはメラニン抑制をすることで肌全体の透明感を引き出すことが出来るでしょう。

    鏡を見てチェックしてみよう

    今回は、美白クリームを選ぶ際の自らの「シミのタイプ」について考えていきました。鏡を見てその特徴を把握することによって、よりいっそう有効的に作用するものを選んでいただけるかと思います。今まで、美白クリームを使っても降下が感じられなかったという方も改めて見直してみるのもよいのではないでしょうか。

    美白クリームを使うときに気を付けたいことを紹介!テクスチャもこだわろう

    美白クリームは、美白をする上では使った方が良いもので、特に30代以上の方は積極的な使用がおすすめなものです。ですが、30代または20代後半にもなると、いろいろな美白系の化粧品を使用することもあります。そんなとき、美白クリームを使用するにあたって、他の化粧品との兼ね合いや、成分についてなど、気を付けることはどのようなことがあるのでしょうか。

    美白クリームを使うときに気を付けたいこととは?

    美白クリームを使うときに気を付けたいこととは?

    美白クリームは、単体で使用することもありますし、ライン使いすることもあります。しかし、必ずしもライン使いしなければダメという決まり事はありません。確かにライン使いした方が同じ美白の目的を達成するには良いかもしれませんが、必ずしも化粧水から美白クリームまで肌にぴったりとは限りません。

    むしろ肌質に合った化粧品を使いつつ、美白効果のあるものとして美白クリームをプラスするような使い方も良いものです。こういった意味でもいろいろな組み合わせを考えることができます。

    組み合わせは少な目に

    美白成分と言えばハイドロキノンなどがありますが、これは夜に使用するのがおすすめです。ハイドロキノンを使用中の肌に紫外線を浴びせると、しみやそばかすを濃くする可能性があるからです。また複数の美白成分を重ねて使用するようなときは、あれもこれもと使いたい気持ちはわかりますが、せいぜい3種類くらいまでに抑える方が無難です。

    目的別に考えれば絞れます。

    美白クリームは使いやすいものを選ぶ

    テクスチャなどは特に、嫌な感じがしないものがおすすめです。こっくりしすぎているとか、さらっとしすぎているとか、ちょっと難点があるようなものよりも、しっくりくるものを選んで使う方がストレスフリーで快適です。